【紅葉狩り】について

「いちご狩り」「ブドウ狩り」等、様々な「狩り」がつくイベントが日本には有ります。
その1つに「紅葉狩り」という言葉が有ります。
「紅葉狩り」は果たしていかなる事なのでしょうか?

日本には「四季」という物が有ります。
その時々の季節で楽しみ方が変わってきます。
秋は木々が赤や黄色に色付いてきて、やけにキレイな景色を作り出します。
そんな中、「紅葉狩り」は「紅葉を取りに行く事」という事と勘違いされがちですが、実はそうでは有りません。
「紅葉狩り」は「紅葉を鑑賞する」事なのです。

かつて紅葉狩りが始まったのは平安時代からだと言われているそうです。
最初は貴族の間ではじまり、紅葉を見ながら宴を覆ない、和歌などを詠むという遊びを通していたと言われています。
その貴族の遊びもその内庶民達の間でも連なる様になり、江戸時代には徹頭徹尾秋のイベントとして定着講じる様になったと言われています。

今は秋の行楽シーズンになると紅葉狩りをする人もたくさんいますし、紅葉狩りが出来るスポットもたくさん有ります。
更に関西地区等は多くの紅葉狩りが出来るスポットが有り、観光だけではなくてデートスポットとしても注目を集めています。
関西地区の取り分け京都等は神社仏閣もたくさん在る事から、幻想的世界を体験する事がとれるとして人気が高いです。
デートスポットとしても人気が高い所では、多くのカップルが楽しそうに紅葉狩りをしています。

他の国でも紅葉自体は在るのですが、日本ではその風情から美しさが別格とされています。
寒暖差がおっきい日本では落葉樹が紅葉しやすいという環境下にあり、しかも国土の7割が森林という中で紅葉を遊べる落葉樹も数多く有ります。
日本の気候や環境が美しい紅葉狩りを楽しめる様にしているのですね。
紅葉狩りと言っても絶対にデートスポットや名勝に出掛けなくてはいけないという物では有りません。
普段歩いている道路も紅葉を味わうことが出来ます。
普段から紅葉を眺めているというのも良いのですが、さっと遠出を通して紅葉を楽しむと言うのも贅沢な感じになると思います。
紅葉狩りの楽しみ方は十人十色だ。
ご自身に合った紅葉狩りを楽しみたいですよね。http://foucaultplus.org/

【紅葉狩り】について