夏バテにらっきょうが効く

らっきょうは、昔から体に良いものとされ、畑の薬とまで言われている野菜だ。
でも大体においては、らっきょうをカレーライスのおともくらいにしか考えていない人が殆どかもしれませんね。
それはほんとにもったいないことです。
実はらっきょうは、夏バテで疲れた体にも可愛く効くのです。

らっきょうには、アリシンと呼ばれる成分が含まれています。
らっきょう特有の香りはこういうアリシンから来ているものです。
こういうアリシンはビタミンB1の吸収を決める効果があります。
ビタミンB1は疲労を回復して得るビタミンで、豚肉等に仰山含まれています。
アリシンとビタミンB1を一緒に摂ると、アリチアミンという成分に変化し、それは体内に長時間残ることができるようになるのです。
ですから、らっきょうとビタミンB1を含んだ食べ物を一緒に摂ると、疲れも取りますし、なおかつ継続して疲れ防止になるというわけです。

またらっきょうには、ジアリルスルフィドという成分が含まれているのですが、こういう成分は体の敵とも言える活性酸素を除去してくれ、癌細胞をやっつけてもらえる働きまでできるのです。
これは体を芯から支えてくれる野菜と言っても過言ではないかもしれませんね。

また、らっきょうは水溶性食物繊維が多く、それは野菜の中でもダントツと言ってもいいくらいのものです。
便秘に良いとされているゴボウの3.5倍以上もあるのです。
こういう水溶性食物繊維は排便をスムーズにしてくれますし、腸内の善玉菌を増やしてくれる効果があるのです。
そのため腸内環境が良くなりますので、免疫が上がるについてに繋がって行くのです。
夏バテをすると、免疫も下がって行きますから、それを食い止めてもくれるのです。

その他、らっきょうには様々な効能があり、実際畑の薬と言われるのが分かります。
ただ、1つ注意しなければならないことがあり、それは食べ過ぎると胃もたれや胸やけを起こしてしまうという点だ。
適量と言われている量は、大粒のらっきょうなら一年中3粒、小さいものなら一年中5粒ほどだと言われています。
甘酢漬けのらっきょうなどおいしいので、ついつい食べ過ぎてしまうが、食べ過ぎには注意して頂きましょう。参照サイト

夏バテにらっきょうが効く