夏バテに山芋が効く

山芋は昔から元気になる野菜として、人々から愛されてきたものです。
夏バテにも山芋はめっぽう役立つ野菜だ。
一体、山芋って如何なる野菜なのでしょうか。

山芋は栄養豊かな野菜だ。
ビタミンB1、ビタミンC、カルシウム、カリウム、消化酵素ですアミラーゼ、コリン、粘性物質のムチンなどが入っています。

夏になると、刺々しいものばかり召し上がるようになってしまう。
そうすると胃にはたえず刺々しいものばかり押し寄せるようになりますが、胃は冷えると極端に働きが悪くなってしまう。
そうすると消化機能が上手く働かなくなり、食欲がなくなってしまうについてになります。
食欲がなくなると栄養が体に取り込めなくなりますから、体は元気でなくなり夏バテについてになってしまいます。

ですが、山芋成分のムチンは粘膜を保護する働きがあるので、胃を保護して頂ける。
そうすると食欲もわいてきて、きちんと食事が出来るようになります。
しかもたんぱく質の消化を助けるので、たんぱく質が賢く体に吸収されて元気になるのです。

また成分の1つですアミラーゼは消化を助ける成分で、胃腸薬にも使われているほどだ。
夏バテで弱った胃腸を修復してくれますから、胃腸薬を飲んでいる感じことになりますね。

山芋は積極的に食するべき野菜ですが、熱を加えると栄養素が壊れてしまうという無念現状もあります。
ですので、山芋は出来たら生で食べるようにしましょう。
そもそも、生で食せるイモ類って、山芋の他にはありません。
しかも生でもさんざっぱらおいしいですよね。

如何なる料理があるでしょうか。
意外と、山芋の代表的な料理は、やはり「とろろ」でしょう。
とろろは、山芋をおろし、だし汁でのばしてご飯等にかけて食べるものです。
食欲がない時でも、するするとのど過ごしすばらしく食べることが出来ますし、夏バテの時にはもってこいの料理だ。
とろろをかけるごはんは白米より麦飯の方がますます美味いだ。
また、山芋を拍子切りとして、刻みのりをかけお醤油をかけるだけでもうまいものです。
また、マグロのお刺身にとろろをかけたり、納豆と和えたりしてもうまいですね。

注意しなければならない点は、山芋にアレルギー反応を起こすほうがいるという点だ。
山芋を触っているうちに手がかゆく達する方も時折いますので、そんな場合は一気に水で洗うようにしましょう。プライムルージュは楽天

夏バテに山芋が効く