妊娠中摂りたい栄養

妊娠中に何を食するかは、赤ちゃんとママにとっていやに大切ですよね。妊婦さんが魚をとことん食べると、産まれてくる子どものIQが高くなるというデータもあります。逆に、栄養状態によっては、子どもに障害が出やすく陥るリスクもあります。
妊娠中はどんな食生活を送れば良いのでしょうか。
妊娠中は、極力栄養バランスの取れた食生活を送りたいものですよね。殊に、次の栄養素は積極的に入れるようにしましょう。
・赤ちゃんのために「葉酸」
細胞分裂をサポートしたり、血液を足したりするのに必要な「葉酸」。赤ちゃんにもママにも大変重要な栄養素だ。
葉酸をじっくり取り去るため、赤ちゃんの脳やせき髄の発達異常になる神経管閉鎖障害のリスクを押し下げることができます。また、産後も葉酸をよく盗るため子宮の回復や母乳の質をサポートします。
体に吸収されにくく加熱調理にも弱いという特性があるので、新鮮な野菜や果物などは生で採り入れる工夫をし、基本的には食事から入れることをおすすめします。
葉酸不足が気になる場合には、サプリメントなどの栄養剤の使用を考えるかもしれませんが、中には添加物が多く使われているものや過剰摂取で逆効果の場合もあるので選ぶ際には些か注意が必要です。
葉酸が多い食材としては、「ほうれん草・モロヘイヤ・ブロッコリー・アスパラガス・芽キャベツ・枝豆・菜の花・水菜・アボガド・春菊・イチゴ・マンゴー・ゼンマイ・わらび・納豆・鶏や牛のレバー」などがあります。
こんな緑黄色野菜を中心とした食材を、すすんで食生活に摂りいれましょう。
・鉄分
赤ちゃんのからだができあがるとともに、血液もどっさり必要になります。鉄分が不足すると、苛苛や立暗み、頭痛、肩こりなどの症状が現れます。低体重の赤ちゃんが芽生えるリスクも高まりますので、積極的に食することをおすすめします。
中でも、妊娠中期以降は、普段の倍の鉄分が必要だと言われています。
鉄分が多く含まれている食材には、「卵黄・大根・あずき・あさり・しじみ・赤貝・ごま・黒砂糖」などがあります。
鉄には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」の2種類が存在します。
植物性食品、乳製品や卵に豊富に含まれている鉄分は「非ヘム鉄」と言って、単体では吸収されにくい特性があります。
赤ちゃんと自分のために積極的に摂りいれましょう。www.cherryonthecake.nl

妊娠中摂りたい栄養