赤ちゃんの便秘はどうして突き止める?

便秘は大人だけでなく、実はちっちゃな赤ちゃんもなることがあります。
仮に、わが子のお通じが出なくなったり、苦しそうとしている場合、どのような対応を通していけばよいのでしょうか。
今回は、赤ちゃんの便秘の兆候などをご紹介していきます。
赤ちゃんは、単なることがきっかけでウンチが出なくのぼるはよくあることだ。元気で食欲もある場合は1〜2日出なくても問題はありません。
また、離乳食に移行すると、腸内にいる細菌の種類が替わり、新生児の頃と比べてウンチの減って現れる場合もあります。
赤ちゃんの便秘の兆候、症状が現れた場合は便秘状態となっているため、注意が必要です。
その症状は…
・お腹が張り、ぽっこりやる
・母乳や離乳食を戻して仕舞う
・元気がない
・食欲がない
・排便をするときに無く
・肛門が消える
・眠くもないのにむずがる
・4日以上便が出ない
こんなときは医師に相談するようにしましょう。
また、赤ちゃんの便秘を引き起こす原因について…
「水分不足」
赤ちゃんの便秘の原因として、特に挙げられるのが水分不足です。
赤ちゃんは大人以上に汗をかくのに加え、体が非常に狭いので、少しの体調や気温の変化などで脱水気味になりやすくなります。
中でも夏の暑い時期は汗を一心にかくことによって体内の水分が不足し、便秘を引き起こすケー。
「母乳の成分」
母乳育児の場合、お母さんが脂肪分の多い高カロリーな食事ばかりとっていると、母乳成分が変化し、赤ちゃんが便秘になる様子があります。
「牛乳アレルギー」
便秘を引き起こす原因として、牛乳アレルギーのひとつの症状として発症している場合があります。
「ヒルシュスプルング病」
うまれつき腸の神経節細胞がないため、慢性の便秘を引き起こします。腸の神経節細胞は消化管の動きをつかさどるため、重篤化すると、腸閉塞に絡み、命にかかわる危険性もあります。
「鎖肛」
先天性の肛門奇形で、「直腸肛門奇形」とも呼ばれます。生まれつき肛門が閉じてしまっているので、排便が困難として便秘につながることがあります。
便秘には各種原因があります。
しかし、なるたけ自然に解消していけるように、赤ちゃんの便秘を予防する食事や栄養素を普段から食事に用いることをおすすめします。xn--eckiuwnk1dp1ppgqaoi9a5fg4m.xyz

赤ちゃんの便秘はどうして突き止める?