黒にんにくの効果

最近話題の「黒にんにく」。
体にいいとは言われていますが具体的にはどういう効果があるのでしょうか。
黒にんにくは、一般的な白にんにくとは違うものです。
一般的なにんにくを熟成、発酵したものが黒にんにくだ。

熟成されて出来上がった黒にんにくは、本来にんにくの抱えるアミノ酸、ポリフェノールなどの含有量が大幅にアップします。
一層抗酸化作用も高くなります。
にんにくは昔から健康促進食材として使われてきました。
黒にんにくの場合は、二度と夏バテした体や疲労した体の回復効果があり、習慣病の予防にも役立ちます。
黒にんにくに手広くある、S-アリルシステインにはがん予防効果もあります。
こういうS-アリルシステインが生にんにくよりも熟成、発酵した黒にんにくの方が4倍近くも含まれているそうです。
NK細胞を活性化することでがんにもベターのようです。
S-アリルシステインは口から摂取後15分から半以内に吸収されて効果を発揮するため威力も魅力となっています。

他にも活性酸素を消したり、アンチエイジング効果が得られたり、血液をさらさらにできたりと様々な効果があります。
血液をさらさらにする結果、コレステロール値を下げたり血圧を下げたりする効果もあります。
血液がどろどろになると動脈硬化を起こし、動脈硬化によって心臓病や脳血管疾患など様々な病気を引き起こします。
血液をさらさらにしておく結果、これらの病気を予防することができて健康的な体を維持することができるのです。

またにんにくには、アルギニンという成分も入っています。
黒にんにくになると一般的なにんにくよりも3倍含まれています。
こういうアルギニンには、耐性アップ、リフレッシュ、老化抑制などの効果があります。
血液循環を良くすることもできるため、体を温めてリフレッシュ、体力増強などにも効果を発揮します。

黒にんにくに含まれるレクチンという成分があります。
腸管免疫を活性化くださるため、体の免疫機能が正常に作用して食物アレルギー、喘息、金属アレルギーなどアレルギーの症状が改善される効果も期待できるそうです。
このように黒にんにくには体によろしい様々な効果があるのです。参照サイト

黒にんにくの効果